list

<ズバリ!>日焼け止めを塗るポイントは?

SNSでシェアしよう!

夏になると、こんがり焼けたい人と絶対焼けたくない白肌を目指す人が出てきます。あなたはどちら派ですか?白肌を目指すひとはもうこの時期から対策しないとですね!今回は日焼け止めのポイントをご紹介しましょう。

最初は少量から始めて塗りなおしを何回も

最初メイク前に日焼け止めを塗る場合、少量から始めましょう。手のひらにパール大の日焼け止めを塗り、ぽんぽんと顔全体に乗せたらまんべんなく塗ります。その後、また同じようにパール大の日焼け止めを出し、まんべんなく塗り残しのないように塗ってからメイクをしましょう。そして外出の最中はこまめに日焼け止めを塗りなおすと焼けることはまずないでしょう。

メイクをしている状態での塗りなおし方

メイクをしているとどうやって重ねて塗りなおすのか分からない人もいますよね。そんな時を想定してメイクの上から日焼け止めを塗りなおす方法をご紹介します。まずメイク落とし(市販のシートタイプのもの)を用意します。乳液とコットンでも良いでしょう。アイメイク以外の場所のメイクを落とし、日焼け止めを塗りなおします。その後、普段どおりのベースメイクをして完成です。多少面倒臭くはありますが、確実に日焼け止めを塗りなおせる方法はこの方法しかありませんね。

BBクリームを使う

また塗りなおしにBBクリームを使うという手もあります。顔のメイクを落とした後、時短ということでBBクリームひとつあればさっとメイクを直すことができます。日焼け止めの塗りなおしは顔以外にも腕や脚にもしっかり塗りなおししましょう。大体目安は2時間程度と見ておくようにしましょう。夏まっさかり紫外線がさんさんと降り注ぐ中、美白をキープするためには多少の面倒くささも必要ということですね。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報