list

仕事で疲れた身体にオススメの「アロマ」をご紹介

SNSでシェアしよう!

アロマテラピーは実際視床下部などに刺激を与え、ホルモン分泌を促したり血流を増加させる作用がありますから、疲れがたまっている際にも効果があるようです。疲れた身体にオススメのアロマを一部紹介していきましょう。

ローズマリー

脳に作用するローズマリーは疲労回復のためのアロマの1つです。脳疲労を和らげる作用を持っており、血流の低下を防いでくれます。また記憶力の改善作用にも効果があるようで、ローズマリーで疲労回復、記憶力アップを図ることができるんですね。

ライム・ペパーミント

ライムはツーンとする香りで気分を明るくする働きを持っています。それほど嫌味な香りでもなく、誰にでも合う香りなのでアロマ初心者には手を出しやすいアロマオイルと言えるでしょう。またペパーミントもライム同様メントールの成分が含まれているためすっきりした香りがあります。眠気やぼんやりした際などクールダウンでき、疲労回復に繋がります。

ラベンダー

定番中の定番と言えば、ラベンダーです。リラックス感を出してくれる代表的なアロマオイルでしょう。ラベンダーを垂らした枕で眠るとぐっすり眠れると言われるように、そのリラックスする香りは安堵そのものです。色々なアロマと混ぜて使うことができる優れたアロマオイルなので、一つ持っていると何かと便利に使うことができます。このようにアロマオイルには心身を回復させたりリラックスさせたりする作用を持っていることが分かりましたね。実際脳にも働きかけるということで、妊婦さんなどに使ってはいけないアロマもありますから、アロマ初心者の女性はスタッフなどに聞いて、適切なアロマを選ぶようにしましょう。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報