list

梅雨時期に起こりやすい肌トラブルの、傾向と対策

SNSでシェアしよう!

梅雨時期を例えると「高温多湿」という言葉がよく似合います。ジメジメしていて湿度が高く、気温も高い。そんな時期に肌は色々なトラブルに見舞われるのです。

ゆらぎ肌とは

6月はジメジメした気候が続き、気温も高くじっとりしているため、いるだけでも汗をかきますね。それによって汗や皮脂量の分泌が多くなり、肌がしっとり感じることがありますが、実はそのしっとりは注意が必要なのです。インナードライという言葉を知っている女性も多いでしょうが、肌の外側は潤っていても内部は乾燥状態にあるのです。ゆらぎ肌はこのような不安定な気候のもとにつくられていきます。

ニキビができやすい人は漢方で

梅雨で大雨続きになると体は水分を溜め込みやすくなります。そのせいか、ニキビが普段より治りにくくなるのです。余分な水分はそのままにしておくと手足のむくみや疲れやすくなるという原因にもなります。ニキビなど肌トラブルも増えるので、とても厄介な季節になります。

洗顔は皮脂が多いところを丁寧に

基本の洗顔は、梅雨時期には皮脂が多いと思われるTゾーンに多めに済ませることが大切です。汗でべたつく肌も紫外線の影響で乾燥していることが多いため、潤いも必要となります。メイクの際はベースメイクは薄くして、ヨレないように気をつけましょう。6月は色々な肌トラブルが起こってくる時期です。この季節を乗り切れば夏まっさかりが待っていますから、肌をいたわり、インナードライという症状から守ってあげましょう。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報