list

写真写りが気になる!小顔に写る3つのポイント

SNSでシェアしよう!

普通に見るとそれほど顔太りが気になるというわけでもないのに、なぜか写真に写ってしまうと顔が大きくなってしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
これらはちょっとしたポイントで解消できるコンプレックスになりますので、ぜひチャレンジしてみてください!

集合写真編

小顔に写真に写る方法は撮影のタイプによっても違って、集合写真を撮影するならばあえてなるべく後ろの方に移動するようにしてください。また、写真の仕組みとして端になればなるほど横が広がって出来上がってくる場合が多いので、中央よりを陣取るようにするとよいでしょう。

ひとりでの写真

集合写真の場合は比較対象を上手く利用して小顔アピールができましたが、1人で写る写真の場合はそのようなものがありませんので姿勢やアクションで小顔効果をアップさせることが重要です。例えば、顔の角度が上向きで写ってしまうと二重顎に見えて顔が大きく見えてしまうこともありので、下向き加減にするのがおすすめです。さらに、顔の前にピースなどのアクションで手を出してあげると、手が大きく見え、顔が小さく見えるちょっとした遠近法が使えますので、こちらも小顔アピールの技になってきます。

服装や髪型

突き詰めるならば服装や髪型についても工夫したいところで、横に広がるヘアースタイルや服装をしないように注意しましょう。このような方法を利用して、写真の写りの悪さを解消してみてはいかがでしょうか。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報