list

自分では気付かない!チークの間違った入れ方

SNSでシェアしよう!

大人の女性になるほどに、チークの色味の選択や入れ方は変わってきます。あなたは若い頃のままのカラーでチークを入れていますか?それは間違った入れ方かもしれません。正しい入れ方を覚えましょう。

NGな色を選択している場合

チークはメイクの中で最も広い面に使われるアイテムですから、使いようによってはニュアンスの異なる顔になってしまうのです。まずは色味を考えてみましょう。NGカラーとしては肌に馴染まない青みのピンク、白っぽいピンク、リッチなパールカラーだと怖い顔になります。かなりこの間違いをしている女性が多く、特に青みがかったピンクを入れている女性は多いようですね。

チークの選び方

広範囲に濃く入っているチークは、同性から見てもあまり良いものではありませんよね。男性ウケも良くないようです。ですからチークは血色の良く見えるオレンジ、ピンクよりのオレンジなどを選ぶようにすると良いでしょう。

危険なチークの入れ方

よく日焼け風チークや広範囲に入れるチークを紹介している雑誌がありますが、実はそれをそっくりそのまま真似するととんでもないことになります。あれは雑誌向けにプロが行っているメイクで、写真写りをよくするために行っているチークの入れ方なんですよ。チークは基本的に頬骨の最も高いところに入れるのが普通です。そこに楕円形か、丸を描いてぼかすというのが正解なのです。日焼け風といいつつ鼻の頭までチークを塗るのは間違った方法です。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報