list

これはNG!老け顔に見せてしまうイケナイ習慣

SNSでシェアしよう!

実はいつもやっていることが老け顔のもとになる習慣だった!と気付いた頃にはもう遅い?そうなる前にしっかり勉強して老け顔を改善しましょう。

頬杖をつくと老け顔に

疲れたり、物事に飽きたりすると、人は何故か頬杖をついてしまいますね。しかし、この頬杖をつくという行為は一気に老け顔を増徴させてしまうのです。片方の頬に重心が偏るため、顔の骨格が歪み、ほうれい線ができることもあります。表情筋が緩み、たるみに繋がる可能性もあるため、頬杖をつくなら最小限にしておいたほうが良さそうですよ。

熱いお湯でシャワーでゴシゴシ

お湯は必要な皮脂まで取ってしまう可能性があります。ましてバスタイムに一緒に洗顔してしまうという女性の場合、ぬるま湯がマストです。お湯で頭を洗っている時も同じことが言えるのですが、熱いお湯は髪の毛のキューティクルも剥がしてしまいます。ぬるい38度程度のお湯でシャンプー、洗顔をし、洗顔の場合、シャワーをそのまま顔にかけるなんてことはやめましょう。ちゃんと手でお湯をすくって、顔を洗うようにしましょう。

スマホに写る自分の顔は10年後の自分

スマホに向かい合っている間、じっと斜め下を見続けていることになりますね。そのスマホを見ている自分の顔は10年後の自分の顔だと思ってください。重力の関係できちんとした姿勢より老けて見えるのです。それが毎日となると、当然たるみが出てきてもおかしくありませんよね。スマホを垂直にして見ることで改善が期待できそうですから、そのように配慮しましょう。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報