list

<意外>深呼吸はこんなときにすると◎

SNSでシェアしよう!

深呼吸をする機会、大人になってから減っていませんか?どんな時に深呼吸すれば効果を得ることができるのでしょうか。実際、具体的な例を集めてみました。

食事の前の深呼吸

食事前に深呼吸するとリンパの流れが浄化され、食事の栄養素をうまく体の中に取り入れることができるのです。リンパ液は人間の体の中で一番大量にある液です。血液の2倍以上はあると言われています。リンパ液から栄養を受け取った細胞は代わりに老廃物をリンパに流し、それが不要物となって排出されるのです。ですから食事前にリンパの流れをスムーズにしておけば、栄養もしっかり取れますし、老廃物を除去することもできるのです。

リラックス出来るのか?

緊張したり、プレゼンの前などには深呼吸をしましょう。リラックス作用をもたらしてくれますから、その後のプレゼンは緊張も解け、うまくいくのではないでしょうか。交感神経を休ませて、副交感神経を刺激しますから、リラックス効果が期待できるのです。なかなかリラックス出来ていないなと感じた時には深呼吸を行うようにしましょう。

寝る前もオススメ

寝つきが悪い夜、寝つきが悪い人などは、深呼吸を行うことで寝つきがよくなるという可能性が大きいでしょう。リラックス作用とも相まって、副交感神経が刺激され、リラックスモードに入ることができるため、精神が安定してぐっすり眠ることができます。布団に入りながらでも良いので深呼吸しながら寝ると、そのうち眠りにひきこまれていきます。安眠材料としても用いることができるので嬉しいことですね。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報