list

毎日の歯磨きが食欲を抑えられるってホント?

SNSでシェアしよう!

人は1日最低でも2回は歯みがきをすると言われています。朝と晩ですね。しかし最近ではお昼を食べた後、歯みがきをしている女性も多く見かけます。歯みがきには食欲を抑える作用があると知っていましたか?今回はそれをご紹介します。

つまみ食いには効果的?

ついつまんでしまった、というつまみ食いやながら食いの人にオススメなのが歯みがきでの食欲抑制です。早食いや間食を抑えるため、ダイエット効果が期待できます。空腹を感じたら歯みがきをしてみましょう。人は、歯みがきをすると食事が終了したと感じるもので、何も食べたくなくなるのです。気分転換にもなりますね。口の中をせっかく綺麗にしたのにまた汚したくないという心理も働きます。ですから歯みがきで食欲は抑えることができるのです。

メンソールやミント系

空腹を感じた際に行う歯みがきにはメンソールやミント系のクール感のある歯磨き粉を選ぶこともポイントです。すっきりした爽快感が口の中を刺激して、それ以上何も食べたくなくなるというのはイメージしていても分かることでしょう。逆に、味のついている歯磨き粉を使って歯みがきすると食べている気分になるため、あまりオススメはできません。やはりクール系のほうがスッキリ感があって良いと思います。

歯みがきをした後は何も食べないというクセ付け

実はこの歯みがきをした後は何も食べない、食べたくないというのは小さい頃のクセ付けでもあるんですよ。よく両親にご飯を食べたら歯みがきしなさいと言われた経験を持つ女性も多いでしょう。それが今になって、歯みがきしたら後は何も食べない、というものに置き換わっているのです。ポイントは1本1本念入りに歯みがきを時間をかけてすることです。そうするうちに食欲もなくなってくると思いますよ!

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報