list

30歳過ぎたら危険!?女性の加齢臭ってホント?

SNSでシェアしよう!

中年を迎えた男性に対して「加齢臭は大丈夫?」なんてからかっているあなた。自分は加齢臭なんて関係ないと思っていませんか?実は今、女性の加齢臭が増えているのです。

加齢臭の原因とは

加齢臭の原因は「ノネナール」という物質です。ノネナールは皮脂腺の中にある脂質が活性酸素によって酸化されたもので、40歳前後になると増えてくるといわれています。加齢臭は頭皮が最も出やすいといわれていますが、他にも首のうしろや耳のうしろ、背中、胸元、小鼻の横などからも出やすいとされています。よく「枕が臭う」といわれるのは頭皮の加齢臭が枕についてしまうからなのでしょうね。

なぜ女性は加齢臭が少ないのか?

もちろん、加齢臭の原因であるノネナールは女性にもあります。しかし、女性ホルモンが脂質の酸化を抑えてくれているので、男性よりもあまり臭いが気にならないのでしょう。ところが最近では、閉経前の女性でも食生活の乱れや過剰なストレス、疲労などが重なることが多く、それによって調節機能が衰えて加齢臭が発生することがあるようです。

「女性の加齢臭」対策は?

女性にとって致命的ともいえる臭いの問題ですが、正しくケアをすれば改善が期待できるのです。まずは脂肪分の多い食事を控えることが大切です。和食中心のヘルシーな生活に切り替えてみましょう。また抗酸化作用があるといわれるビタミンCやビタミンE、ポリフェノールの含まれる食事もおすすめです。あとは加齢臭対策として市販されているシャンプーやボディーソープを上手に取り入れて加齢臭が出やすい部位をしっかりと洗ってみましょう。自分の臭いは気づきにくいものですから、早めに予防策をとっておくといいかもしれませんね。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報