list

汗ばむ季節、ベースメイクのコツを教えて!

SNSでシェアしよう!

夏は紫外線対策でいつもよりもしっかりメイクをする人も多いようですが、汗に負けてベースメイクがベタベタに。夏の化粧崩れは誰しも経験がありますよね。
そこで今回は、汗に負けないベースメイクのコツを伝授します。

崩れないメイクは土台づくりがとても大事

まず化粧水でしっかりと肌を整えましょう。肌の水分が足りないと余計な皮脂が分泌されて化粧崩れの原因となりますから、化粧水をたっぷり肌に入れ込むのがポイントです。反対に乳液は軽いタイプを選んでごく薄く伸ばしていきます。余分な乳液の潤い成分がファンデーションと混ざると化粧が崩れるので、ティッシュオフも忘れてはいけません。

ベースメイクは丁寧に

次に下地を塗りますが、当たり前ですが日焼け止めの成分が入っているものを使ってくださいね。下地は肌にたたき込むように丁寧に塗るのがコツです。そしてリキッドファンデーションを顔全体に塗ったら、クマやシミなどをコンシーラーで隠します。コンシーラーは少しずつ薄めに塗ってくださいね。最後にたっぷりのパウダーを乗せます。パウダーはしっかりとパフに揉み込んで、顔全体に乗せましょう。顔全体を包み込むように乗せたフェイスパウダーが、化粧崩れを防いでくれますよ。

特に凄いことしなくてOK

ただ、化粧水、乳液、ファンデーション、パウダーなど、それぞれ適量を使ってベースメイクを仕上げるのがコツといえます。また、メイクの工程ひとつひとつの間に少し時間をおくのもおすすめです。朝は時間が限られることも多いでしょうが、できる人は試してみてくださいね。そしてメイク直しのときは、先にあぶらとり紙やティッシュで浮いたファンデーションをオフしてから、フェイスパウダーだけを使うといいでしょう。ちょっとした一手間で差が出る夏のメイク、ぜひお試しあれ。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報