list

じめじめシーズンに増える『隠れ・乾燥肌』とは?

SNSでシェアしよう!

じめじめする季節は肌も潤いたっぷり、なんて甘い考えは捨てましょう。意外と知られていませんが、湿度の高い夏の肌トラブルの多くは乾燥が原因なのです。夏の「隠れ乾燥肌」対策は?

じめじめシーズンの肌は乾燥しない?

冬は空気が乾燥しますから、女性の多くは肌の乾燥に注意しますよね。その証拠に、冬に近づくと化粧品コーナーにも保湿効果の高いとされる商品がずらりと並びます。反対に、夏の季節は湿度が高く汗もかくのでじめじめします。そんな状態で肌が乾燥するの?と思う人も多いかもしれませんね。

夏の「隠れ乾燥肌」の原因は?

夏場、室内ではエアコンがフル稼働していますよね。湿気がうっとうしいからと、設定をドライにすることも多いのではないでしょうか。そうすると湿度は低くなり肌も乾燥してきます。また、汗と一緒に肌の水分が失われることも、乾燥の原因となります。さらに追い討ちをかけて、強い紫外線が肌に大きなダメージを与え、敏感な状態にしてしまいます。エアコンなどによる乾燥と紫外線のダメージで、夏の肌状態はどんどん悪化するのです。夏は短時間の外出でも、大量の紫外線を浴びることとなります。日焼け止め化粧品、日傘、つばの大きな帽子などを利用して、紫外線対策をしっかりと行いましょう。また、冬場同様、たっぷりの化粧水で水分を補い、乳液やクリームで肌の潤いを保つことが大切です。べたつくからと、乳液やクリームを避けてはいけませんよ。また体の乾きも肌にはマイナスですから、こまめな水分をとって内側からも潤いを与えるようにしてくださいね。早めのケアが大切ですから、夏にむけて自分の肌ケアを見直してみませんか?

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報