list

太っていないのに、セルライトができるのは何故?

SNSでシェアしよう!

太っている人だけにつくと思われがちなセルライトですが、痩せている人についてしまうこともあるのです。今回は「痩せているのにセルライトがついている」人必見の情報をお届けします。

セルライトがつきやすい?

セルライトは脂肪と老廃物がくっついた塊です。もちろん太っている人のほうがセルライトがつきやすいといわれていますが、中には痩せているのにセルライトがついてしまう人もいます。実は体重にかかわらず、セルライトがつきやすいかつきにくいか、これが問題になってくるといわれているのです。

血行が悪いとセルライトがつく?

太っている人は体についている脂肪が多いので、セルライトがよりできやすい状態になっています。一方、痩せていても血液循環がスムーズでないとセルライトができてしまうといわれているのです。偏った食生活、ヒールの高い靴、姿勢の悪さなどは血行不良の原因となります。生活習慣を見直すことで、セルライトがつくのを予防することができるのではないでしょうか。

つきにくい体を目指す

脂肪の多い食事は血液をドロドロにしてしまいます。血液サラサラ効果があるといわれる食品を普段から摂取することを心がけましょう。また、女性にとってマストアイテムともいえるハイヒールですが、ハイヒールを履く機会が多くなるとふくらはぎや足首がこわばって血行が悪くなるとされています。特別なときは仕方ありませんが、できるだけハイヒールを履く機会を減らすようにしてはいかがでしょうか。またデスクワークなど長時間同じ姿勢をとることも血流を滞らせます。仕事の合間にストレッチをしたり少し立ち上がったり、無理のない範囲で気をつけてみてください。少しの心がけでセルライトがつきにくくなると思いますよ。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報