list
胸が垂れやすくなる原因!?日頃気を付けるコト

胸が垂れやすくなる原因!?日頃気を付けるコト

SNSでシェアしよう!

「最近胸の垂れが気になる…。」そんな悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか?どれだけおしゃれな服を買って、きれいにメイクをしていたとしても、胸の垂れを防ぐ対策ができていなければ、おしゃれに気を使っているその努力が報われませんよね。今回は女性なら誰でも感じる胸が垂れる原因と対策をご紹介していこうと思います。

胸が垂れる原因

胸が垂れる原因はいくつかあります。主な原因としては加齢、過度な運動、バスト肌(皮膚)の潤いとハリの低下やダメージ、猫背、妊娠・出産・授乳後、無理なダイエットなどがあります。

骨盤底筋を鍛えてバストアップ

骨盤底筋がゆるむと猫背やO脚・X脚にもなり姿勢が崩れた結果、バストが垂れる原因にもなります。それを改善するには、骨盤底筋を鍛えることです。まず仰向けに寝て、膝は曲げて立たせておきます。この状態から、腰を持ち上げお尻を締めます。そのまま10秒キープ→ゆっくり腰をおろす→また上げて10秒キープ。これを10回1セットで、3セットするのがオススメです。
次は、椅子に座った姿勢で行います。椅子に深く座り、両足を肩幅に開きます。背中を背もたれにつけてまっすぐ伸ばし、顔は正面を見ます。肩とおなかの力を抜いて、肛門と膣、尿道口を締めます。こんな風にすると骨盤底筋が鍛えられ、バストアップに繋がります。

サイズの合ったブラジャーを付ける

正しいサイズの下着をつけた人の方が、バストの下垂が少なかったというデータもあります。加齢とともに、下着による補正も必要になっていくということでしょう。バストの下垂の原因になるクーパー靭帯は、バストの重みや揺れで刺激を受けてしまいます。
重みや揺れの刺激を最小限に抑えるには、サイズの合った下着をつける必要があるのです。また、ブラジャー選びも大切ですが、自分の体形に合った下着を正しくつけることも大切です。「下着のつけ方なんて、今さら…」と思うかもしれませんが、自己流になっている可能性もあります。ブラジャー選びに加えて、正しいつけ方を確認することも必要でしょう。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報