list
ストレスによって体にあらわれる『心の危険信号』

ストレスによって体にあらわれる『心の危険信号』

SNSでシェアしよう!

毎日朝早く出勤し仕事に追われ終電で帰宅。休日もしっかりと休めていないという方多いんじゃないでしょうか。そんな人は気付かないうちに心にストレスが蓄積されているのでは?知らず知らずのうちに蓄積したストレスは、心や体にたくさんの悪影響を招くもの。今回はストレスによって体にあらわれる心の危険信号をご紹介していこうと思います。
自分に当てはまるものがあるかどうかチェックしてみてください。全部が全部ストレスによるものとは限りませんが少なからず体にとっての危険信号なので注意しましょう。

ストレスが食後の胃もたれを引き起こす!

ストレスは自律神経系の乱れを引き起こすため、内臓の働きを鈍らせます。食生活が変わったわけでもなく胃もたれや腹痛がある場合は要注意。ストレスによって胃に負担がかかっているかもしれません。

ストレスにより睡眠時に顎が痛くなったりよく夢を見るようになる!

ストレスによって睡眠時の噛みしめ・歯ぎしりが起こり、朝起きたときに顎が痛くなります。自分では気づきにくいですが、少しでも口元に違和感があれば身近な人に確認してみたり、寝ている間の音声を録音してみましょう。また常に眠りが浅くなり、夢をよく見るようになります。精神的に追い詰められるような夢を見ることも多く、脳や体が休まらないので疲労が抜けません。

老化の進行が早くなる!

ストレスが活性酸素を生じさせ、細胞の酸化を進行させます。酸化は細胞の衰えを促し、体の老化を早める結果となります。ストレスでお酒やたばこの消費が多くなると更に活性酸素を作り出すため、これも間接的に老化の原因となります。どれもストレスによるものとは限りませんが上記のような症状が出た場合はなるべくすぐに対応するようにしましょう。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報