list

日焼け止めだけでは足りない?日焼け対策アイテム

SNSでシェアしよう!

日焼けというと夏のイメージがありますが紫外線は一年中注いでいます。今回は日焼け対策グッズとしても売られている傘、サングラス、帽子をご紹介させて頂きます。それぞれの意味を理解した上でしっかりと着用しましょう。

日傘

日傘の色というとだいたい2パターン、黒と白に分けられます。日傘がこの2色に大きく分かれる理由は、紫外線と色との相性にあります。黒と白は、紫外線防止効果が高い色なのですが、その仕組みは全く異なります。紫外線を吸収するのは、黒い日傘です。そして紫外線を反射するのは、白い日傘です。これは色そのものの持つ性質です。紫外線を反射するとはいえ、白は紫外線を透過する色でもあります。その意味で、普通の生地の日傘を選ぶ場合は、黒い日傘のほうが紫外線防止効果は高いといえます。UVカット加工された日傘の場合は、実際のところは色による違いはあまりないようです。日傘のUVカット加工は2~3年持続しますが、それを超えると買い替え時ですので気をつけてみてください。また素材としては綿の日傘が紫外線を通しにくいようです。

サングラス

顔との隙間からの日差しを防げるよう、顔に沿ってカーブをしているものも選ぶのがポイントです。『鼻からずり落ちやすい』など顔の輪郭に合っていないサングラスでは、紫外線防止効果も5割近くダウンしてしまいます。一方、レンズの色はあくまでもまぶしさをやわらげるもの。色が濃いからといって、紫外線防止効果が高まるわけではないとか。メガネとサングラスの違いは主に、レンズの大きさとツルの太さです。通勤時などで、サングラスを着用するのは抵抗があるという方は、UVカット機能付きのメガネやコンタクトレンズを活用するという方法をもあります。ただし、コンタクトレンズのUVカット率は製品によって大きく異なるため、よく調べて慎重に選ぶようにしましょう。

帽子

帽子は頭に被って、頭に浴びる直射日光を遮るので、紫外線を浴びる量を大幅に減らすことができるのです。紫外線対策に良いとされている帽子で特に紫外線を防いでくれるとされているのが、帽子のつばの幅が広く、帽子のつばがぐるりと回っているものが紫外線対策用の帽子として良いとされています。また紫外線対策に良いとされている帽子の色というのが、黒の帽子です。黒い色は紫外線を吸収するので、紫外線が肌まで届きにくくなるのです。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報