list

夏の冷えは""NG""、暑くても体は温めよう!

SNSでシェアしよう!

夏の「隠れ冷え性」を知っているでしょうか。最近、暑い夏に体が冷えてしまっている女性が増えているそうです。冷えは美容の大敵!ここでは夏の隠れ冷え性とその対策をご紹介します。

夏の「隠れ冷え性」とは?

アイスに冷たいビール、暑い夏は1年で一番冷たいものを摂取するシーズンですよね。また冷房がしっかり効いた屋内では、ときに寒いと感じることもあるのではないでしょうか。冷たい食べ物や冷房は体をどんどん冷やします。体の冷え過ぎは体力消耗につながり、夏バテのような症状を引き起こします。さらに冷えが深刻化すると、生理不順になったり生理痛が重くなったりと、さまざまなトラブルが起きるのです。「夏なのに足元が冷える」「常に体がだるい」という人はいませんか?もしかすると隠れ冷え性かも知れません。

体をとにかく温めましょう

夏の野菜は体を冷やす効果があるといわれています。ずっと昔であれば、夏野菜を摂取して体温を下げるというのはごく自然のことだったのですが、隠れ冷え性の人が夏野菜を摂取するのはあまりおすすめできません。体を温めるといわれる、かぼちゃやごぼうなどの冬野菜をうまく取り入れて、体を冷えから守りましょう。またニンニク、生姜、ネギには体を温める効果があるとされる代表的な食材ですから、いろいろな料理に取り入れてみてください。

カイロや入浴で冷えから体を守る

隠れ冷え性の人は、腹部が冷えていることが多いといわれています。就寝時や寒過ぎるオフィスでの仕事のときは、腹部にカイロを当てるのも冷え改善の効果が期待できます。また夏はシャワーで済ませがちですが、ぬるめのお風呂に入るのもいいでしょう。今年の夏こそ隠れ冷え性を卒業して、快適に過ごしてみませんか?

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報