list

細いだけじゃダメ!理想の""美脚""とは?

SNSでシェアしよう!

最近は、ボディーラインを体重ではなくサイズで判断する傾向にありますよね。脚も同様で、ただ細いだけでは魅力的とはいえないようです。脚にも理想のバランスがあるといわれています。さっそくあなたも自分の脚をチェックしてみましょう!

脚の黄金比

十分細いのに何だか見た目がアンバランス、という脚を見たことがありませんか?例えば太ももがかなり細いのに対してふくらはぎが太い、太ももからふくらはぎまでくびれがなくストンとしている、こういった脚は決して美脚とはいえませんよね。脚の黄金比は「太もも:ふくらはぎ:足首」が「5:3:2」になっている脚だといわれています。太ももは適度に太く、薄くお肉がついたふくらはぎと、キュッと引き締まった足首が美脚といわれる脚なのですね。

美しい骨格

太さ以外でも、O脚やX脚では美脚とはいえませんよね。脚の骨格チェックは簡単にできますから、ぜひ試してみてください。まず裸足になって両方のかかとをつけ、つま先を少し開いた状態で鏡に向かいます。まっすぐに立ったとき、太ももの付け根部分、膝、ふくらはぎの太い部分、くるぶしがくっつくのが美しい骨格といわれています。この4箇所のうち、1箇所でもくっつかない部分がある人はO脚であったりどこか骨格に歪みが出ていたりする可能性があります。

真の美脚を目指しましょう!

その他にも、長さや脂肪の付き方など、美脚を判断するさまざまな要素はありますが、肌質もかなり重要になってきます。太さを急に変えたり、長さを変えたりすることは難しそうですが、ボディークリームなどを用いて保湿を心がけ、肌質を整えることは今日からスタートできそうですよね。またムダ毛のお手入れもすぐにできるのではないでしょうか。細いだけではない「美脚」を目指して、少しずつ努力してみましょう!

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報