list

やり過ぎ注意!炭水化物抜きダイエットの弊害

SNSでシェアしよう!

もはや誰でも知っているダイエット方法のひとつ「炭水化物抜きダイエット」。効果が出やすいことからとても人気ですが、本当に安全なダイエットなのでしょうか?

集中力低下

炭水化物抜きダイエットの経験者から集まった体験談のなかで「集中力が低下した」という声が最も多いといわれています。脳の栄養になるのはブドウ糖。炭水化物の摂取量が極端に減ると、脳は栄養不足の状態に陥るので、ボーっとしてしまい、集中力も欠如してしまうそうです。特に仕事をしている女性にとって、集中力が低下することは絶対に避けたいですよね。

痩せにくい体に!?

体内の炭水化物が不足すると、脂肪やタンパク質が炭水化物の代わりに燃焼されていきますが、脂質もタンパク質も体にとってなくてはならない栄養素ですから、それらが大量に燃焼されると、たちまち筋肉は落ち、肌は乾燥してきます。そうなれば基礎代謝は落ち、シミやたるみといった症状も出やすくなります。炭水化物抜きダイエットで減量できても、痩せにくくトラブル続きの体になっては意味がありませんよね。

ポイントは「減らす」

確かに炭水化物を減らすと体重は落ちやすいといわれています。即効性があるダイエットはいつでも人気なので、気安くスタートする人もおおいでしょう。しかしポイントは「炭水化物を摂らない」のではなく「炭水化物を減らす」こと。もし、毎日大盛の白米を食べていたのであれば、ご飯を半分にしてその分だけ野菜を食べる、というように、無理のない範囲で取り組むことをおすすめします。何事もやり過ぎはだめですよ!

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報