list

痕を残したくない!ニキビが「痒いとき」やってはいけないこと

SNSでシェアしよう!

肌悩みのひとつであるニキビ。気がついたら出来ていてショックを受けること、ありますよね。ニキビが痛いというのは炎症反応によるものですが、ニキビが痒い場合もあることをご存知でしょうか。そして痒みをともなっているようなニキビは、痕が残ってしまう可能性も。今回は、ニキビが痒い時の対処法についてご紹介したいと思います。

何故ニキビが痒くなるのか?

痒みのもっとも多い原因は、皮膚の乾燥。乾燥状態になった皮膚は角質層のバリア機能が低くなるため、痒みが起きやすくなるのです。他には手についている雑菌や、自律神経の乱れが原因で痒みが起きることがあります。ニキビが炎症している上に痒みがある場合は、免疫反応が通常よりも機能しすぎてしまっている可能性があるため、ニキビ痕が残りやすい肌の状態といえるでしょう。

痒いけどやってはいけない2つのこと!

痒い気持ちは分かりますが、以下の2つの行為はしてはいけません。(1)かいてはいけない肌をさらに傷つけるだけでなく、手に存在する多くの雑菌を塗りこむことになります。絶対にかかないようにしましょう。(2)温めてはいけない痒みがある状態というのは血管が膨張しているため、温めてしまうとさらに痒みを増長させてしまいます。お風呂に入る場合は、ぬるま湯にした方が良いでしょう。

痒みニキビの対処法

出来てしまったニキビには、「保湿」と「冷却」で対処します。乾燥状態の肌に潤いを与えれば症状が和らぐだけでなく、治りも早くなります。保湿力の高い化粧水などでケアをしましょう。また、冷やすことで血管が縮まるので痒みをある程度抑える効果が期待できます。痒いところに氷を巻いたタオルなど冷たいものを当てるのもオススメですので、是非お試しください。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報