list

色白さんはトマト大好き?その美白効果に迫る

SNSでシェアしよう!

紫外線が強い季節のお肌のお手入れは大変です。紫外線に攻撃された肌は、紫外線によって肌に活性酸素が発生することでターンオーバ周期が早まり、本来であれば垢として除去されるメラニンが表皮に残ってしまってシミやソバカスになってしまいます。この活性酸素を除去する事が美白につながるのです。

トマトと美白の関係

トマトの赤い色はリコピンという成分で、このリコピンは強い抗酸化作用があります。リコピンは体内で発生した活性酸素を体外に排出する効果が高いだけでなく、シミ・ソバカスの原因になるメラニン色素の生成を抑制する効果もあります。つまりトマトを食べると日焼けをしにくくなるだけでなく、活性酸素を除去するため肌のターンオーバ周期を正常に近づけることができるようになるのです。

どのようにしてトマトを食べればいいの?

トマトが美白に役に立つことがわかりましたが、効果的に取り入れたいですよね。リコピンの効能を得るには10~20mgを毎日摂るのが理想的です。またリコピンは油に溶ける性質があるため油を使って加熱調理をすることでトマトの細胞膜が壊れリコピンを効率よく吸収できるようになります。

いつ食べたらいいの?

そしてトマトを食べるタイミングですが、これは夜が一番効果的と言われており、体内に取り込まれたリコピンは6~8時間を掛けて肌に到達します。そして入眠後3~4時間後、かつ22時~3時に脳下垂体から分布つされやすくなる成長ホルモンの影響で体内の新陳代謝が活発になります。つまり逆算すると「18時~20時の間」にトマトを食べるのが理想的です。もし加熱調理が出来ない場合でも、市販のトマトジュースを飲むだけでも効果的です。トマトを食べて簡単、お手軽にお肌の手入れをしましょう。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報