list

夏は特に頼りになる「制汗剤」、正しく使えていますか?

SNSでシェアしよう!

汗をかいたときにどうしても気になってしまうのが汗のニオイ。そんなときに頼れる制汗剤ですが、実は使い方を間違えてしまうと逆効果になることもあるそうです。そこで制汗剤の正しい使い方を調べてみました。

自分に合った制汗剤を!

まずは自分に合った制汗剤を選びましょう。制汗剤には、汗を抑える効果が期待できる「収れん剤」と、雑菌の繁殖を抑える「抗菌剤」などさまざまなものがあります。一般的な汗のニオイであればスプレータイプを使用して、外出中に気になった場合だけシートタイプを利用する程度でいいと思います。しかし体臭が強い人やワキガの人は長時間の効果が期待できるロールオンタイプやクリームタイプを選びましょう。香りつきはニオイが混じりあって逆効果になることもあるので気をつけてくださいね。本当に軽度のニオイであればシートタイプだけでも良さそうです。

適量をできるだけ短時間で

制汗剤は、汗腺にフタをすることで一時的に汗を抑えてくれます。しかし、分泌される汗の量が多いとカバーすることができませんし、長時間使用することで皮膚にとどまった汗の成分が菌に分解されてしまって、ニオイを強くすることもあります。制汗剤はニオイが気になる部分だけに適量を使い、帰宅したあとはできるだけ早くシャワーや濡れタオルで拭き取りましょう。

かゆみや黒ずみの原因に!?

制汗剤で汗腺を塞ぐことによって、肌には負担がかかります。効果が高いものを長時間利用し続けることで、かゆみや黒ずみの症状が出ることもあるので、適量をできるだけ短時間使うことを意識してくださいね。正しく使えばとても便利なアイテムである制汗剤。今までの使い方を見直してみると良いでしょう。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報