list

サクッと簡単に「時差ボケ」を治す方法とは?

SNSでシェアしよう!

海外に行くときに悩まされるのが「時差ボケ」ですよね。一般的に4~5時間以上の時差があると起こるといわれる時差ボケ、できれば簡単に解消したいですよね?

時差ボケとは?

一般的に「時差ボケ」と呼ばれているものは時差障害とも呼ばれ、最も多い症状が睡眠障害で70%近くを占めるといわれています。時差ボケは、人間に備わっている体内時計と現地時間にズレが生じることで起こり、目的地に到着した直後が最も症状が強いように思われていますが、実際は2~3日経過したときが最も強くなるケースも多いようです。

搭乗前や機内での対策

ここからは時差ボケ対策をご紹介します。まずは搭乗前の準備です。出発1週間前からは睡眠不足に注意し、行き先によって東行きフライトでは早寝早起きを、西行きフライトでは遅寝遅起きを心がけ、現地の時間に近付けるようにするのがベストです。そして飛行機の中でも現地の時間に合わせて睡眠をとるようにしてください。アイマスクや耳栓などを用意するのもおすすめです。現地時間に合わせて機内食が出てくるので、できればしっかりと食事を摂りましょう。

到着後の時差ボケ対策は?

現地に到着したら速やかに現地時間に合わせて生活しましょう。日中に到着してどうしても眠いときは2時間ほど仮眠をとる程度にし、夜の睡眠に悪影響が出ないようにしてください。起きたらすぐに太陽の光を浴びて、体内時計を調整するのが大切です。もし夕方以降に到着した場合は、眠くない場合でも現地時間に合わせて睡眠をとります。適量のアルコールを飲むのも良いと思います。時差ボケ解消法は「とにかく現地の時間に合わせて生活する」こと。ポイントをつかんで有意義な旅にしてくださいね。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報