list

みんな持ってる!ブラウンアイシャドウ「年代別使い方」

SNSでシェアしよう!

誰でもひとつは持っているブラウンアイシャドウ。日本人の髪や肌の色に馴染むため、使い勝手もいいですよね。だからといってブラウンならどう使ってもいいわけではありません。年齢にあったブラウンアイシャドウの選び方を勉強しませんか?

影の役割「ブラウン」

ブラウンは影を表す役割をもちます。目の周りにブラウンを塗ると目が強調されるのは、目の陰影が深くなるためです。他にもフェイスシャドウやノーズシャドウで陰影をつけると、輪郭や鼻筋を細く見せることができますよね。影をつくることができるブラウンは顔に立体感を出すことができるので、使いこなしたい色といえるでしょう。

10~20代のブラウンアイシャドウ

肌にハリがあるので、アイメイクの目的は「目の強調」だといえるのではないでしょうか。ただし顔立ちが若いので、濃いブラウンを使うとケバい印象になってしまいます。そこでおすすめなのが3色セットになったブラウンアイシャドウ。一番明るい色をアイホール全体に薄く乗せ、やや明るい色と一番濃い色でグラデーションをつくると垢抜けた印象に仕上がります。

30~40代のブラウンアイシャドウ

若い頃と同じメイクをしている人をたまに見かけますが、濃いブラウンを使ったグラデーションメイクをすると、目元がくすんで見えたりくぼんで見えたりして老けた印象になってしまいます。この年代の人は陰影を強調するよりも、目元のラインを強調するのがおすすめです。目の際だけに濃いブラウンをいれ、アイホールには明るめのカラーを乗せると若々しく華やかな印象になるでしょう。自分に合ったブラウンアイシャドウの使い方がわからないときは、化粧品カウンターで相談してみましょう!

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報