list

話題の「トランス脂肪酸」、体への影響と含まれている食品は?

SNSでシェアしよう!

最近、良く話題になる「トランス脂肪酸」ですが、なんとなく体に悪そうということは知っていても、具体的にどんな影響を及ぼすか知らない人もいるでしょう。そこで、トランス脂肪酸の影響と含まれている食品を調べてみました。

トランス脂肪酸の影響は?

トランス脂肪酸は植物油を扱う過程で合成される副産物です。過剰に摂取すると悪玉コレステロールを増加させるといわれていて、そのことによる動脈硬化、心臓疾患、免疫疾患、癌、認知症、不妊、アレルギー、アトピーなどのリスクが考えられます。日本では平均摂取量が低いために現時点では規制されていませんが、偏った食生活をしている人は過剰摂取している可能性が大いにあります。

トランス脂肪酸を多く含む食品

それではどのような食品にトランス脂肪酸が多く含まれているのでしょうか?オイル系であればマーガリン、マヨネーズ、ピーナッツバター、コーヒークリームなど。お菓子類ではチョコレート菓子、スナック菓子、ドーナツ、菓子パン、アイスクリームなどに多くに含まれています。インスタント食品、レトルト食品、冷凍食品にも多く含まれているといわれ、さらにファーストフードやファミリーレストランも注意が必要なのだそうです。

できることから見直しを

どうでしょうか?普段食べているものの多くにトランス脂肪酸が含まれていますよね。現在、国内では自主的にトランス脂肪酸の含有量を減らす努力をしている食品業者も増えています。できるだけトランス脂肪酸が多い食品を避け、外食では揚げ物を頼まない、油分の多い洋菓子を避ける、揚げ油を何度も使わない、精製されていない油を使うなど、できることから見直していきたいですね。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報