list
気になる「オッパイ」の左右の差はセルフケアで直せる?

気になる「オッパイ」の左右の差はセルフケアで直せる?

SNSでシェアしよう!

オッパイに関する悩みの中で実は左右差に関する悩みはかなり多いといわれています。そこで、この左右差を直すためのセルフケアについて調べてみました。

左右差の原因は?

オッパイが左右全く同じサイズ、という人はほとんどいません。誰でも少なからず左右差があるのは事実です。しかし、左右で1~2カップも差がある場合は見た目の問題や下着の問題が出てきてしまいます。オッパイの左右差の大きな原因は「体の使い方が左右で違う」「骨格の歪み」「授乳」の3つだといわれています。

利き腕と逆の腕を使う

基本的に利き腕側は筋肉が発達するため、引き締まってバストが小さくなるといわれています。ですから、意識的に利き腕ではないほうの腕を良く使うようにしてみましょう。箸を持ったり字を書いたりするのは仕方ありませんが、バッグを持つ、落ちたものを持ち上げるなどのさまざまな動作において、利き腕とは逆の腕を使えば左右差の解消につながるでしょう。

リンパの流れを良くする

小さいほうのオッパイ側は、大きいほうのオッパイ側に比べてリンパの流れが悪くなっていることがあります。左右差の有無に限らずリンパの流れを良くしておくことは体にとって有効ですから、リンパケアをすることはとても大切です。ワキの下にはリンパ節がありますから、バストの中心からワキの下に向かってリンパを流すようにさするケアを行いましょう。そのときに小さいほうのオッパイのケアを多めにすることで左右差の解消が期待できます。最後に、セルフケアも大切ですが、骨格を歪ませない努力することも必要ですよ。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報