list
30歳過ぎたら体に変化が!?知っておきたい「痩せ習慣」

30歳過ぎたら体に変化が!?知っておきたい「痩せ習慣」

SNSでシェアしよう!

生活に大きな変化はないのに、なぜか30歳を過ぎたら太りやすく・・・いわゆる「中年太り」の原因は基礎代謝の低下と筋肉量の減少です。今回は、30歳を過ぎてもスリムな体をキープするための痩せ習慣をご紹介します。

食事を減らす

基礎代謝が低下するのは避けられませんから、食事量は減らすべきです。体内で余ったカロリーは、最終的に脂肪になってしまうので、今の消費カロリーに見合った食事をしてください。ポイントはしっかりとタンパク質を摂ること。タンパク質を減らすと筋肉が維持できず代謝が低下しますから、質の良いタンパク質を摂取してくださいね。量ではなく質、「安く脂の多いお肉より、脂が少なめのちょっと値が張るお肉」というのが30歳からの選択です。

こまめに運動を

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を習慣にできればベストですが、時間がない人は「ながら運動」と「部屋をキレイ」に保つことを心がけましょう。歯を磨きながらつま先立ち、掃除機をかけながらのストレッチなど、常にプラスαの運動をすれば、その分消費カロリーもアップします。また、常にキレイな部屋を保つには掃除が必要です。掃除の消費カロリーは案外多いので、自然にカロリー消費できるでしょう。

良質の睡眠

良質の睡眠はどの年代にも大切なことですが、特に30歳を過ぎた人にとって成長ホルモンが分泌される睡眠はとても大切です。成長ホルモンは体のメンテナンスをしてくれるホルモンですが、22時~2時くらいが最も盛んに分泌されるといわれています。成長ホルモンは大切な筋肉を作るだけでなく、シワなどの肌トラブルを改善する効果も期待できます。努めて良質の睡眠を取るようにしましょう。

関連キーワード

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カラダクリアーの最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報