list
女性でも大丈夫!短期間で効果アリの「腹筋」のコツとは?

女性でも大丈夫!短期間で効果アリの「腹筋」のコツとは?

SNSでシェアしよう!

女性は筋肉がつきにくいため、腹筋を続けていてもなかなか効果が感じられないという声は多いようですね。腹筋は数をこなせば良いというものではなく、むしろ正しいやり方ができれば短期間で効果を感じることができるのです。

腹筋だけを使う

仰向けになって腹筋を行うとき、首や背中が痛くなったりつっぱったりする人はいませんか?そのような人は背筋や首の筋肉も使いながら起き上がっているのです。そうなると負荷が分散してしまうために、効率良く腹筋を鍛えることができません。お腹の筋肉だけを使って起き上がるように気をつけるだけで効果は変わってくると思います。

背中を丸める

腹筋をするときに、肋骨の一番下の部分と骨盤の上の部分を最短距離でくっつけるようにイメージしてみましょう。そうすると背中が丸まり、アゴが胸に近づくような格好になると思います。いつも背中を伸ばしたままで腹筋をしていた人なら、かなりきついと感じるでしょう。このように背中をぎゅっと丸めるようにして、できるだけゆっくり腹筋をすると効率良く腹筋が鍛えられるのです。

姿勢を戻すときが肝心

腹筋をするときに起き上がることに集中している人は案外多いかもしれません。しかし、起き上がったあと上半身を再び床に戻すときが肝心なのです。ゆっくりと背中を丸めて起き上がったら、今度はそのままゆっくりと腹筋を使って元の位置に戻ってみましょう。足裏は床につけたまま、腕などでバランスをとらず腹筋だけで元の体勢に戻るように意識することがポイントです。正しい腹筋をすればいつもよりも少ない回数でも十分な効果が期待できますから、ぜひ頑張ってみてくださいね。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報