list
いつの間に!私、エラ顔だっけ?自宅でできる簡単ケア

いつの間に!私、エラ顔だっけ?自宅でできる簡単ケア

SNSでシェアしよう!

エラが張って顔が大きく見えると悩んでいる人はいませんか?エラ顔の原因によっては自宅でのケアで改善できるといわれています。まずは原因をチェックして適切なケアをしましょう。

骨格か?それ以外か?

エラ顔の原因は大きくわけて2つあり、骨格のせいかそれ以外かに分けられます。骨格が原因の場合は遺伝的な要素が強く、骨格ですから当然小さい頃からエラが張っていて、この場合は残念ながら簡単に改善することは難しくなります。しかし、骨格が原因ではなく脂肪や筋肉がついてしまっている場合は、セルフケアでの改善が期待できるのです。

脂肪が原因の場合は?

例えば脂肪がついてしまっている場合は、ダイエットをすることでエラ顔の印象が緩和され小顔に近づくでしょう。また、揉みほぐしも効果が期待できます。まずは口を開け閉めすると、耳の近くに動く部分があると思います。そこを指で揉み解しましょう。また、頬骨の下の部分に手をグーにして当てて押さえることでも、脂肪をほぐすことができます。さらに、耳のうしろや鎖骨にあるリンパ節に向かって、エラ部分の脂肪を押し流すようにさするのもおすすめのケア方法です。

筋肉が原因の場合は?

エラの部分に筋肉がついてエラ顔になっているケースもあります。エラには咬筋という筋肉があり、食べ物を噛んだり歯を食いしばったりすることで、咬筋が鍛えられてエラが張り出したように見えるのです。普段から硬い食べ物を好んで食べる人にも多いといわれていますから、少し控えるのも良いかもしれませんね。エラの部分を指の腹で少し痛く感じる程度に強く円を描くように揉みほぐすのも改善効果が期待できます。「最近エラが張ってきたような気がする・・・」という人は、セルフケアでエラ張り顔を改善できるかもしれませんよ?

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報