list

日焼けした肌を、食べ物で「美白」にしていこう!

SNSでシェアしよう!

ちゃんと日焼け止めを塗っていても、長時間、屋外にいるとどうしても日焼けしてしまいますよね。そこで、今回は日焼けしたときにもってこいの美白作用のある食べ物を調べてみました。日焼けしてしまったときは、ぜひ参考にしてみてください。

ビタミンC

誰でも知っている美白のための栄養素がビタミンC。メラニンを作らせないだけでなく、できてしまったシミを薄くする効果が期待できます。ビタミンCを多く含む食べ物には、赤ピーマン、パセリ、ブロッコリー、カリフラワー、じゃがいも、トマト、レモンなどがあります。成人男女の必要量は100mgですが、美白効果を得たいのであれば1日1000mgを摂取しましょう。ビタミンCは水溶性で対外に出ていきやすいといわれているので、一度にたくさん摂取するのではなくこまめに少しずつ摂取しましょう。

ビタミンE

老化の原因となる活性酸素を排除するビタミンEも美白効果が期待できます。ビタミンEは血行を促進し、肌の新陳代謝を活発にしてくれますから、日焼けした肌の修復をしっかりサポートしてくれます。ビタミンEを多く含む食品は、いくら、いわし、鮎、アボカドなどです。1日100~300mgを摂るのが良いとされていますが、摂り過ぎると骨粗しょう症や血液が固まりにくくなるといった副作用がありますから、適量を摂取するように注意してください。

リコピン

トマトで有名なリコピンも、日焼けした肌の回復に効果があるといわれます。リコピンは強い抗酸化力があり、メラニンの生成を抑えたりメラニンを作る酵素「チロシナーゼ」の働きを抑えるので、日焼け後だけでなく日焼け前にも効果的といえます。理想的な摂取量は1日15mgです。トマトだけでなくスイカなどにも含まれていますし、トマトピューレやケチャップなどの加工品にも含まれています。摂り過ぎても副作用はありませんから、積極的に摂取してくださいね。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報