list
食通では当たり前!プロが口にしない食べ物とは?

食通では当たり前!プロが口にしない食べ物とは?

SNSでシェアしよう!

美味しいものを食べている時は、お腹も心も満たされて幸せですよね。しかし、何気なく食べている食べ物が私たちに悪い影響を及ぼしていることも。そこで、今回は食通のプロは口にしない要注意な食べ物について紹介したいと思います。

意外!プロが絶対に口にしない食べ物って?

それでは、食通や栄養士が口にしない食べ物について具体的に紹介してきましょう。
マーガリン
マーガリンは自然食品ではなく、人工的に製造されているものです。色々な油を混ぜながら水素添加という化学的工程を経て作られるため、高脂肪に出来ています。食べ続けることで悪玉コレステロールを増やすなど、健康に悪影響を及ぼすことも。
加工肉
ソーセージやベーコン、ハムなどの加工肉には塩分だけでなく、化学調味料や保存料が多く含まれています。食べ過ぎると、ガンや心臓疾患になる可能性も。毎日食べるのは避けるようにしましょう。
人工甘味料
カロリーゼロという言葉は魅力的ですが、消化しにくいためダイエットの助けにはまったくならないそうです。ジュースにも多く使用されているものには注意が必要です。
パッケージ入りのペストリー
ドーナッツなどのパッケージ入りのペストリーは、賞味期限が長めに書いてありますよね。賞味期限が長いということは、それだけ保存料や化学調味料が大量に入っているということ。カロリーも高いので、注意しましょう。

代用と工夫で身体に優しく健康になろう!

好きなものや必要なものを我慢するよりは、別のもので代用したり、程よく食べたりするなどの工夫をする方がストレスが少なくて済みます。たとえば、マーガリンの代用としてはバターを少量使う、ドーナッツなどであればパン屋さんでの焼きたてや自分で作る、食品であればなるべく自然食品を食べるなどすれば、身体にも優しくヘルシーです。ラベルなどを見るクセをつけて、自分の健康をしっかりと守りましょう!

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報