list
外出時には避けたい足の靴ズレ、事前にコレをやっとけばOK

外出時には避けたい足の靴ズレ、事前にコレをやっとけばOK

SNSでシェアしよう!

折角、可愛い靴を買ったのに履いたときに靴ズレが起きてしまい、痛い思いをした、なんてことは一度は経験があると思います。靴ズレになってしまう靴は、いくらデザインが可愛くてももう履く気にはなれませんよね?今回はそんな厄介な靴ズレを予防する3つの方法をご紹介します!

絆創膏を貼る

これが、靴擦れ対策の中では最もポピュラーな方法ではないでしょうか。実践している方も多いと思います。
靴のストラップ部分や、かかと部分などといった靴擦れの起きやすい足の部位にあらかじめ絆創膏を張っておく、というやり方です。

ワセリンを塗る

上記の絆創膏を貼る、という方法はサンダルなどの足をむき出しにする履き物だと目立ってしまいます。それが嫌だ、という人にはこちらのワセリンを塗るという対策がお勧めです!

ワセリンとは石油由来の軟膏で、アメリカなどでは古くから乾燥から肌を守ったり、切り傷などに効果のある薬として使われています。このワセリンは肌に塗ることで、靴ズレの原因である靴と皮膚の摩擦を軽減することができるのです。

方法は簡単、靴を履く前にあらかじめ、靴ズレが出来そうな部分にワセリンを塗るだけです!このワセリンは薬局などで購入することが出来ます。

自分の足の形に合った靴を履こう

靴ズレの主な原因は、やはり自分の足の形に合っていない靴を履いてしまっていることにあります。お店で靴を買うときなどは、まず買いたい靴を試着して、少し歩き回って足に当たるところはないか、素材が硬すぎないか、などを確認してから購入するようにしましょう。

また、人の足は夕方やしばらく歩き回った後に少し大きくなるようです。そのため、自分の足が一番大きくなる時間帯に、靴を選ぶことも対策のうちのひとつになると思われます。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報