list
太る原因がギュッと詰まった「菓子パン」の理由に迫る!

太る原因がギュッと詰まった「菓子パン」の理由に迫る!

SNSでシェアしよう!

朝食や間食に手軽に食べられる菓子パンを選ぶ人は少なくないようです。1つじゃ物足りないと、2つ3つと食べてしまうこともあるかもしれませんが、実は菓子パンは太る原因がいっぱい詰まっているのです。

1個で300~500kcal

菓子パンには、砂糖、バター、マーガリンなど、ダイエットを邪魔する食品がたっぷり使われています。手に取ってみても非常に軽い菓子パンですが、1個のカロリーは300~500kcalと結構高カロリー。おにぎり1個のカロリーが150~200kcalですから、それを軽く越えているのです。そのうえ筋肉を作るタンパク質や、美容と健康に欠かせないビタミンやミネラル、食物繊維をほとんど含みませんから、栄養価的にあまりおすすめできないのです。

間食の原因にも!?

菓子パンの中でも特に油で揚げてあるものや、油分たっぷりのデニッシュ生地などはダイエットには不向きです。それでなくても精製されている小麦粉を使っているものがほとんどですから、消化が早く腹持ちも良くありません。早く空腹になってしまうので、間食の原因になってしまうかもしれませんね。

栄養価的にはケーキと同じ

美味しくて手軽な菓子パンですが、ダイエット中なら控えておいたほうが良さそうですね。どうしても食べたくなったら、小ぶりのものを選ぶ、お店で焼いているベーカリーを利用するなどの工夫をしましょう。サラダや野菜ジュース、おかずなどで足りない栄養を補うのも良いかもしれません。菓子パンは栄養価的に見るとケーキなどと同じ、という認識をすると食べ方も変わるかもしれませんね。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報