list
体臭がキツくなる、要注意な食べ物とは

体臭がキツくなる、要注意な食べ物とは

SNSでシェアしよう!

女子にとって体臭は死活問題ですよね。汗腺には2種類あって、エクリン腺というほとんど臭わない汗を分泌する汗腺と、アポクリン腺という脂っぽい汗を分泌する汗腺があります。体臭の原因となるバクテリアはアポクリン腺から分泌される汗で繁殖するのですが、実は食べ物によって脂っぽい汗が増えることもあるのです。

肉類

肉類を好んで食べる人のほうが、ベジタリアンの人たちよりも体臭がきつくなるといわれています。これは肉類は野菜などに比べて消化に時間がかかるため、胃腸の中に長時間とどまってしまい、途中で腐食が進んで口臭、体臭、便の臭いなどを悪くするためだといわれています。また、タンパク質を摂取することで体温が上がって、汗をかきやすくなるのもひとつの要因といえるかもしれませんね。

アルコール

日常的に飲酒をする人も、体臭に注意する必要があります。アルコールを分解するときに発生する臭いそのものも体臭の原因となっていますが、もうひとつの原因はアルコールによる活性酸素の増加です。活性酸素は皮脂を酸化させることによって臭いの原因を作り出しますから、心当たりのある人はアルコールの量を減らしてみましょう。

他にもこんなものが体臭と関連!?

他にも香辛料やニオイが強い食べ物、カフェインも体臭の原因といわれていますから、カレーやニンニク、コーヒーなどの摂り過ぎには十分注意しましょう。反対に食物繊維の不足は便秘の原因になります。便秘になると腸内に悪玉菌が増殖し、臭いがきついガスを発生させます。このガスが腸内から血液に溶け出して体臭になることもあるので、体臭の原因になる食べ物を控え、食物繊維不足に気をつけるのが体臭予防の近道といえそうです。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報