list
左右の目の大きさは同じ?利き目の酷使で変わってくる?

左右の目の大きさは同じ?利き目の酷使で変わってくる?

SNSでシェアしよう!

利き手、利き足があるように、目にも「利き目」があることをご存知でしょうか。何気ない生活の中、左右の目を均等に使っているように思われがちですが、実は人間は利き目のほうをたくさん使ってものを見ているのです。それでは利き目とそうでないほうの目はどんな違いが出てくるのでしょうか。

利き目が大きく!?

利き目でより多くのものを見ていることによって、なんと利き目のほうがそうでないほうの目よりも大きくなっている人がほとんどなのです。したがって、目を均等に使わず利き目だけを酷使していると、どんどん左右の目の大きさが変わってくるといえるのです。

利き目の見分け方

利き目の見分け方はとても簡単。まずは両手の人差し指と親指で輪をつくりましょう。腕をできるだけ伸ばして輪の中に3~4メートルほど先の目標物を合わせてみてください。この状態で片目ずつ交互に閉じましょう。利き目でないほうの目でみると、輪の中から目標物がなくなってしまいます。見え方が変わらないほうの目が利き目なのです。

利き目を休ませよう

無意識でいると、どうしても利き目に頼りがちになってしまいますから、ときどき利き目を閉じて休ませるのがおすすめです。また、利き目を閉じた状態で目の前で指先を動かし、それを目で追うのも効果的といえます。意識して利き目でないほうの目を鍛えることで、利き目の疲労も緩和します。日常的に利き目を休ませることを意識するのは大切ですが、例えば前髪を左右どちらに流すか迷ったときに利き目を出すようにするだけで、目の印象を大きく見せることができますから、裏ワザとして活用してみてくださいね。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報