list
バレない計算はあり♪恋愛心理学をマスターしよう

バレない計算はあり♪恋愛心理学をマスターしよう

SNSでシェアしよう!

恋愛に計算はタブー、と思っている人も多いようですが、実際にはこっそり恋愛心理学を使ったほうが恋愛がうまくいくことも多いようです。使うかどうかはあなた次第ですが、恋愛心理学を覚えておいて損はないと思いますよ。

単純接触の原理

職場や学校で毎日会っているうちにいつの間にか好きになっていた、という経験は誰でも1度はあると思います。これは「単純接触の原理」といって、何度も会って会話している相手には、警戒心が薄れてくるばかりか好意を持ってしまうといわれているのです。気になる彼に好意を持ってもらいたいなら、1ヶ月に1度、1週間に1度より、数分で良いのでできるだけ会うようにするほうが効果的といえるのです。ただし、度が過ぎたり空気を読めなかったりすると、ただのストーカーになってしまうので要注意ですよ。

ミラー効果

デートでのご飯、メールのやりとり、どんなときでも良いので彼と同じような言動をしてみましょう。これは人間がもともと持っている、自分と同じような言動をする相手に好意を抱きやすいという特質を活かした「ミラー効果」を狙っています。同じタイミングで飲み物に口をつけたり、彼が良く使う口癖を時々真似てみたりすることで、好感度が上がるかもしれませんよ。

スリーセット理論

人間の印象や評価のほとんどが3段階で決まるというのが「スリーセット理論」です。特に1回目を「初頭効果」といい、最も影響力が大きく、1回目に顔を合わせるときがとても大切なのだそうです。1回目で大まかな印象を決定し、2回目で間違ったイメージを修正、3回目でイメージの再確認をして、必要があれば修正するといわれますから、1回目を大切にすることと、3回目まででほとんどの印象が決まってしまって、それ以降の修正はなかなか難しいということを肝に銘じておきましょう。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報