list
たったのこれだけ!?下半身デブを卒業するための、NG習慣

たったのこれだけ!?下半身デブを卒業するための、NG習慣

SNSでシェアしよう!

すらりと伸びた脚になるために、日頃から努力している方も少なくないはず。ところが、美脚から遠のけている原因が、実は良かれと思ってしていた習慣に潜んでいる可能性があるかもしれないって知っていますか? 今回は、下半身おデブさんがしてしまっているNG習慣について紹介したいと思います。

脚への負担は下半身デブのもと!

何気なくしていることが、実は脚を太くさせる要因になり得ます。次の習慣がある方は要注意ですよ。

・歩き方が内股
内股で歩くと、脚の外側の筋肉を内側の筋肉よりも多く動かすことになるので脚が太くなります。ふくらはぎや太ももの外側の筋肉を触ってみて少し固くなっている人は、内股で歩いている可能性があるので注意しましょう。

・前かがみで歩いてしまう
歩く時には大体つま先が身体の一番前にくるもの。しかし、猫背などで前かがみになって歩いていると全身に負担がかかってしまい、脚の前側に余計な力が入るために脚が太くなります。

・片脚に重心をかけて立っている
片方の脚ばかりに重心をかけた立ち方をしていると、重心がかかった方にばかり負担がかかるので、その脚がどんどん太くなってしまいます。脚の太さが左右で違うという方は、このパターンに当てはまる場合が多いので注意しましょう。

・同じ脚を組むことが多い
いつも同じ脚の組み方をしていると、脚の血行が悪くなってむくみが酷くなり、脚が太くなっていきます。骨盤や全身の歪みにも繋がるので、楽だからといって組むのはやめましょう。

NG習慣を見直して美脚へ!

歩く時は、つま先を少し外側に向けて歩くように意識するようにしましょう。また、顎を引いて姿勢を正しながら腰から動かすように意識するとお腹にも力が入り、バランスの良い歩き方になります。立ち姿も座り姿も同様に、片方に偏りが出ないよう意識することが大事です。

いかがでしたか? 美しい脚作りは姿勢から。是非試してみてくださいね。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報