list
可愛いコには涙袋アリ?涙袋を作っちゃうメイクテク

可愛いコには涙袋アリ?涙袋を作っちゃうメイクテク

SNSでシェアしよう!

ぶっくりとした涙袋があると、可愛さが一気にアップしますよね。メイクで涙袋をつくることはできますが、上手につくらないと不自然に見えてしまってせっかくのメイクも台無しです。自然に見える涙袋のメイク法をご紹介しますのでぜひ参考にしてくださいね。

涙袋のつくり方

まず、白のパールアイシャドーで涙袋のラインをつけましょう。白いパールは太目に入れてOKです。次にふくらみの下の影をつくるため、白いパールのすぐ下に明るめブラウンのアイペンシルで極細のラインを引いたら、綿棒で自然に見えるようにぼかします。最後に明るめのアイシャドウをぼかしたラインの上に乗せましょう。

おすすめの色は?

ナチュラルメイクなら、シャンパンゴールドで涙袋をつくって、ゴールデンブラウンで影をつけるのがおすすめです。もう少し目立たせたい場合には、涙袋をホワイトパールで、影にはシルバーグレイを使ってみてください。キュートな印象にしたいなら、薄目のピンクパールで涙袋を作るのもおすすめです。

さりげない涙袋をつくりましょう

涙袋をつくるメイク法は慣れればとても簡単ですが、やり過ぎると不自然に目立ってしまい、わざとらしく見えてしまいます。あくまでも自然に、上品でさりげない涙袋をつくるようにしてくださいね。ありがちなのが、最初は控えめの涙袋だったのにメイクを続けていくうちにどんどん濃くなってしまって気付けば違和感のあるメイクになってしまうこと。メイクをするときは鏡を顔に近づけますが、メイクのチェックは離れた鏡で客観的に、が鉄則ですよ。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報