list
生理痛にもタイプがあるんです!タイプ別セルフケアを伝授!

生理痛にもタイプがあるんです!タイプ別セルフケアを伝授!

SNSでシェアしよう!

毎月やってくる生理、女性にとって憂鬱な1週間ですよね。肌荒れ、むくみ、肩こり、頭痛、情緒不安定などさまざまなトラブルがありますが、特に生理痛に悩む女性は多いようです。
実はこの生理痛にもタイプがあるというのをご存知でしょうか。今回はタイプ別の生理痛対処法をご紹介します。

“子宮が固まる”タイプ

肩や首がいつも凝っていたり、猫背になりやすかったり、また生理中に胸が張ってくるなどの症状が見られる場合は、“子宮が固まる”タイプです。骨盤周辺が緊張して、子宮からスムーズに血液が出てこないために生理痛がひどくなります。

このタイプの場合は、骨盤周辺をほぐすストレッチが効果的。両足の裏をくっつけて座りヒザを開くなど、股関節周りをほぐすストレッチで改善が期待できます。

“全身冷え”タイプ

冷たい飲み物を飲む、湯船につからない、お腹に触れるとひんやりと冷たいという場合は“全身冷え”タイプの可能性が大きいでしょう。体が冷えると骨盤の中の血流が滞り、生理痛を悪化させてしまいます。

このタイプは、生理痛がひどいときにカイロなどをお腹と腰に貼って、骨盤周りを温めてあげましょう。また、薄着をすると生理痛がひどくなる可能性がありますから、生理のときだけでも温かい服装にしてください。

“栄養不足”タイプ

ダイエットなどで魚や肉を控えていたり、髪や肌が乾燥しやすかったり、また顔色が悪い場合は“栄養不足”タイプです。野菜中心の食事を続けると、栄養不足になって女性ホルモンのバランスが崩れ、生理痛が強くなることがあります。

このタイプの人は、ホルモンや血液の材料になるタンパク質や鉄分を積極的に摂取しましょう。特に生理痛を改善したのであれば、EPAが豊富な青魚やくるみを摂るのが効果的。イライラしやすいと感じる人は、ナッツ類やバナナを摂るのがおすすめです。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報