list
【セルフィーの神】と呼ばれたい!自分至上最高な写真の撮り方

【セルフィーの神】と呼ばれたい!自分至上最高な写真の撮り方

SNSでシェアしよう!

最近ではスマホなどで自分を撮影する“セルフィー”、いわゆる自撮りが世界中で人気です。どれだけ自分を可愛く撮れるかがセルフィーの醍醐味。そこで今回は、より可愛く自撮りするための方法をご紹介します。

基本は斜め上から

まずは基本の撮り方。顔は正面に向けておき、スマホを持った腕を水平に前に伸ばします。そこから腕を外側に45度ほど開いたら、今度は腕を20度くらい上に上げます。さらにヒジだけを60度ほど曲げたら、顔だけをカメラの方向に向けましょう。こうやって撮影すると、上目使いになるために自然と目が大きくなり、また、口角が上がって自然に微笑んでいるように見えます。またアゴがシャープに写るメリットもあるのです。

明るい場所で!

肌を白く明るく撮るために、できるだけ明るい場所で撮影しましょう。光源は顔と同じ高さのほうが良いので、スタンドなどを上手く活用してみてくださいね。なんとプリクラ機の中で撮影する、という裏ワザを取り入れているセルフィー上級者もいるようなので、真似してみても良いのではないでしょうか。

キラキラ目にする方法

プロのカメラマンはレフ板という道具を使って、目にキラキラとした光を作りますが、レフ板を用意するのはなかなか難しいですよね。そんなときは明るいほうを見て撮影しましょう。こうすることによって自然とキラキラ目に撮影することができるのです。ただし太陽光や強過ぎる光を直接見るのは表情崩れに繋がりますから注意してください。今回ご紹介した方法はどれもすぐにチャレンジできるものなので、ぜひ活用してみてくださいね。

関連キーワード

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カラダクリアーの最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報