list
寒くて起きられない…。冬の朝でもスッキリ目覚める方法は?

寒くて起きられない…。冬の朝でもスッキリ目覚める方法は?

SNSでシェアしよう!

いつもは早起きもできるのに、どうしても冬になると朝目覚めるのが辛い……。温かな布団にいつまでもくるまっていたい、と思っている方は多いのではないでしょうか?外は寒いからあと5分だけ温まっていよう、なんて思いながら結局ぎりぎりまで布団の中で過ごしてしまい、慌てて会社や学校に行く、なんて経験ありますよね。

結局、気合に頼るしかない?

あるアンケートの調査結果によると、「寒くてなかなか起きられない朝、布団から出るために一番必要だと思うことは?」という質問に、56パーセントもの人が「気合」と答えたそうです。確かに、ぬくぬくとした布団の中から凍えるような空気の中に起き上がるのは、とっても気合が必要になる作業。だけど、気合以外でどうにか起きる方法はないのでしょうか?

そもそもどうして、冬はあんなに眠いのか

人間には眠っている間は体温が低くなり、朝になるにつれて上昇するというバイオリズムがあります。しかし、気温の低い季節は外気が冷たいので、どうしても体温が上がるのに時間がかかってしまいます。体温が上がらないので、身体がなかなか活動モードに移らず、起きても眠い状態が続いてしまうのです。なので、すっきり目覚めたい場合は、起きる際に体温を上げることが重要になります。

湯たんぽを上手く活用しよう

寒いとつい、就寝時に温かくすることばかりに気が向いてしまいますが、湯たんぽを朝に使ってみるのはいかがでしょう。例えば、長時間温度をキープできるタイプの湯たんぽを寝るときに枕元に置いておいて、朝目覚めたときにお腹の辺りを温めるように布団にいれます。こうすることで、すばやく体の温度を上げることが出来ます。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報