list

摂りすぎ注意!!白砂糖がもたらす様々な弊害。

SNSでシェアしよう!

疲れているときなどに甘いものって欲しくなりますよね。ですが、その甘いものの多くには白砂糖が含まれています。しかし、この白砂糖は最近、健康に良くないとわかってきているようです。身の回りにあるほとんどの甘いものには白砂糖が含まれているので、摂り過ぎには注意したいですね。

白砂糖は自然食品ではない

砂糖の原料は主にサトウキビ、ビートなどが挙げられますが、白砂糖はこのサトウキビから採れる蜜を煮出して作るものです。サトウキビから作られる砂糖と言えば、黒糖が有名ですが、白砂糖も蜜のうちはあのような黒い色をしているのです。それを何度も何度も精製していき漂白することで、私たちの知っているあの白い砂糖が生まれます。
精製処理を幾度も重ねている白砂糖は、その精製の途中でもとから含まれていた栄養素も大量に失っています。そのため、自然食品ではなく加工食品や、添加物に近いものなのです。

体内のミネラルを消費してしまう

白砂糖の精製過程で失われた栄養素は主にミネラルやビタミンと言ったもの。そのため、白砂糖を大量に摂取してしまった場合、体内のミネラルと結びついて消費されていってしまいます。ミネラルの中でも特に失われやすいのが、カルシウムです。このカルシウムは骨や歯に保存されています。そのため、砂糖を摂り過ぎると虫歯になりやすくなったり、骨が弱くなったりすると言われているのです。

糖類の分解に使われるビタミン

体内の糖類を分解するために、ビタミンB1が消費されていきます。これによって、ビタミンB1の欠乏症になってしまう危険性も考えられるのです。このビタミンB1欠乏症の症状は貧血、めまい、うつ病、記憶障害、心疾患、呼吸器障害、などと多岐にわたります。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報