list
しみ・そばかすだけじゃない!紫外線による肌へのダメージ。

しみ・そばかすだけじゃない!紫外線による肌へのダメージ。

SNSでシェアしよう!

太陽光、紫外線を肌に浴びてしまうことによって、色素沈着が起こり、しみやそばかすができてしまうというのは、有名な話。ここ十数年で、日焼けをすることはあまり良くないことだ、という風潮になってきましたよね。だけど、紫外線のダメージはしみやそばかすをつくるだけではなく、他にも様々な悪影響を肌に与えているのです。

敏感肌になる

私たちの肌にはもとから保湿成分が備わっていて、それが肌の乾燥を防いでくれています。しかし、肌のもっとも外側にある角質層が紫外線によってダメージを受けてしまうと、この保湿機能が弱まってしまいます。そうして、肌の水分が奪われてしまうことに。肌はこのダメージを回復させるために、新しい肌を作り出しますが、保湿機能が十分に整っていないので、肌が水分不足に陥ってしまいます。そして、そんな弱った肌は外部からの刺激にも敏感になり、乾燥肌と敏感肌を引き起こしてしまいます。

しわの原因にも

紫外線は肌の奥にあるコラーゲンにも影響を与えます。このコラーゲンは紫外線を浴びると固く古いゴムのようになり、弾力のない状態へと変質してしまいます。すると、肌全体がハリのない状態になってしまい、しわやたるみの原因へ繋がります。

皮膚がんの危険も

表皮細胞が紫外線で傷つけられると、肌細胞の遺伝子がダメージを負ってしまいます。この傷ついた遺伝子は通常の場合は、修復機能によって元通りになるのですが、中にはそのまま残る場合があります。この傷ついた遺伝子が原因となり、やがて皮膚がんを発症するという危険性もあります。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報