list
上手な「鏡」の使い方でメイクの完成度が抜群にUP

上手な「鏡」の使い方でメイクの完成度が抜群にUP

SNSでシェアしよう!

鏡なしでメイクをすることはできませんが、実はその鏡の使い方次第でメイクの完成度が変わることを知っていますか?ここではメイクの完成度が抜群にUPする鏡の使い方をご紹介します。

光に注意する!

一番自然な肌色がわかるのは太陽光の下ですが、毎回、自然な太陽光の下でメイクできるものではありませんから、そんなときは鏡全体を明るくしましょう。ただし、蛍光灯の光だと青みがかって見えるので、それを頭に入れておくのが重要。

また、上下左右ともに同じくらいの光が当たるようになっているのがベストなので、あまりにも左右の光の量が異なる、というようなときには場所を変えてみましょう。ライトつきの鏡も販売されているので、取り入れてみるのも良さそうです。

さまざまな角度からチェック

合わせ鏡や三面鏡を使い、正面からだけでなくさまざまな視点からメイクの仕上がりをチェックしてみましょう。正面からはキレイに見えているフェイスシャドーが、横から見ると境目ができていたり濃過ぎたりすることもありますから注意が必要です。

いろんな角度から、他人の視点に立ってしっかりチェックすると仕上がりもグンとUPしますよ!

死角に要注意

実は正面から見たときに死角になっている部分があるのを知っていましたか?例えば眉間や眉と目の間、小鼻の脇のくぼみや目頭のくぼみなどが正面からの死角。影になって見えにくいのです。ところがこの死角も他人からはしっかりと見えてしまうので、鏡を横にずらしたり上下にずらしたりして、しっかりとメイクできているかチェックしてみましょう。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報