list
【あなたは大丈夫??】20~30代急増のスマホ老眼って??

【あなたは大丈夫??】20~30代急増のスマホ老眼って??

SNSでシェアしよう!

まだ若いのに、最近手元の文字が見えづらくなった……なんてことありませんか? それはもしかすると老眼になっているせいかもしれません。今回は若い世代に急増しているスマホ老眼についてご紹介します。

スマホ老眼とは?

老眼とは、レンズの役割を担う水晶体や、その調節を行う毛様体筋の硬化が原因で起こる、調整機能の低下のことを指します。主に加齢によって生じることが多い老眼ですが、最近では20~30代の若い世代にも老眼が増えているのです。

その原因は、なんとスマホ。症状としては、近い距離で画面を見続けることにより目を動かす筋肉が硬くなり、ピントが合わせにくくなってしまうという、まさに老眼と同じなので驚きです。スマホ老眼は眼精疲労だけでなく、視力の低下やドライアイも引き起こすようになる場合があるので、年齢は関係なく注意が必要です。

すぐにできる簡単セルフチェック

次の症状が出ている人はスマホ老眼になっている、もしくはなりやすいといえます。

・スマホの文字が見えにくい
・手元だと見えにくいが、少し離すと見やすくなる
・スマホの画面から視線を外すと、遠くがぼやけて見える
・スマホの光が眩しく感じる
・夕方になると見えにくくなる
・目の充血
・ドライアイ
・頭痛
・肩こり

スマホ老眼は治る!?

水晶体自体は老化していないので、毛様体筋をほぐすことでスマホ老眼は回復が可能だといわれています。以下のトレーニングで目の筋力を鍛え、一日も早く視力をアップさせましょう!

1. 顔の前に親指を立て、そのまま爪を見る
2. 見つめたまま、1秒で遠ざける
3. 見つめたまま、3秒で近づける
この動作を1日30回程度繰り返し行うようにしましょう。

対策も大事ですが、一番はまずスマホ老眼にならないこと。スマホと目の距離を離し、長時間見続けないように気をつけましょう。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報