list
これで捨てなくてOK!合わなかった靴が履けるようになる裏技

これで捨てなくてOK!合わなかった靴が履けるようになる裏技

SNSでシェアしよう!

一目惚れして衝動買いした靴なのに、履いてみたら形が合わなくて脱げてしまう、靴擦れしてしまった、なんて経験はありませんか?特にヒールの靴や華奢な靴はこんなトラブルが起こりがち。そこで今回は合わなかった靴が履けるようになる裏技を3つご紹介します。

大きくて脱げてしまう靴なら・・・

革製の靴などに多いのが、履いているうちに革が伸びてきてぶかぶかになってしまうケース。専用の中敷きを使うというのももちろんアリですが、ストッキングを小さく切ってつま先に詰めてしまうのもいいですよ。手近なティッシュを詰めてしまうとつま先でギュッと固くなってしまい、つま先が痛くなる可能性があるので、ストッキングがおすすめなのです。他にも、市販されているシューズバンドなどのアイテムを活用するのもいいですよ。

靴擦れして痛いなら・・・

買って間もない靴によくあるのが靴擦れ。何度か履いて足に馴染んでくるまでの期間、苦労することもありますよね?そんなとき、絆創膏を足に貼る人は多いと思いますが、靴を脱いだ時の見た目が気になったり、すぐはがれてしまったりすることもあるでしょう。そんなときには足ではなく靴の方に絆創膏を貼りましょう。はがれにくいうえに、見た目の問題もクリアできます。

タイツを履くと脱げやすい靴なら・・・

靴の形によっては、タイツやストッキングを履くとパカパカとかかと部分が脱げやすくなるものもありますよね?そんな時におすすめなのがヘアスプレー。靴の内側かタイツにほんの少しだけ髪を固めるタイプのヘアスプレーをつけてみてください。靴が合わないときには、オークションや人に譲るという方法もありますが、その前に一度、ご紹介した方法を試してみてくださいね。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報