list
イメージのスタイルと違う!!ってならない為に、ヘアカタログの正しい使い方・注意点を知ろう!

イメージのスタイルと違う!!ってならない為に、ヘアカタログの正しい使い方・注意点を知ろう!

SNSでシェアしよう!

実際、切り抜きを持ってきたけどヘアカタログとイメージが違うじゃない!というような経験はありませんか?女性なら一度くらいはあるかもしれませんが、いつもお任せ、という場合ないかもしれません。

ただ、ヘアカタログを見て、このスタイルにしてください、というと、必ずしも思った通りにいかないことがあります。

ヘアカタログのうまい使い方はあるのでしょうか?

ヘアカタログはたくさんチェックしておく

ヘアカタログは書籍の置いてある本屋さんでたくさん見ることが出来ますから、出来るだけ多くのカタログを見ておく必要があります。

今よりずっとイメチェンしたいのであれば、なおさら入念なチェックが必要です。

美容室に持っていく

また、ヘアカタログの中で気に入ったものがあったのなら、そのカタログを美容室へ持っていき、美容師さんにそのような髪型にしてもらうようお願いしましょう。

このとき、いきつけのよく行く美容室に通ったほうが良いです。あなたの髪の毛のクセなどをよく知っている人が切りますから、どのようなイメージになるか大体想像がつくのです。

輪郭や髪質が違うことを理解しておく

また、ヘアカタログの女性と、自分の輪郭が違っていたら、それもきちんと意識しておく必要があります。ぽっちゃり系なら、どんなふうになるのか?ストレートならどういうイメージになるのか?先に自分でイメージすると良いでしょう。

美容師さんはカタログどおりにカットしてくれますが、あなたの輪郭までは治せません。

また髪質も違いますから、本当にカタログ通りになる、というのは難しいことなのです。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報