list
【結婚記念日】実は毎年名前があった!?調べてみると意外と面白いかも

【結婚記念日】実は毎年名前があった!?調べてみると意外と面白いかも

SNSでシェアしよう!

結婚記念日にちゃんとお祝いをする夫婦はたくさんいますが、実は結婚何年目の結婚式かによってちゃんと名前が決まっているって知っていましたか?確かに25年目の「銀婚式」50年目の「金婚式」は有名ですが、ここではそれ以外の面白い結婚記念日の名前を集めてみました。

まだまだ可愛らしい結婚記念日

ようやく結婚して1年。「新婚さん」と言われることも少なくなってくる1年目の結婚記念日は「紙婚式」と呼ばれているのだそう。まだ真っ白な紙のよう、という意味が含まれているそうです。4年目の結婚記念日は「花実婚式」または「花婚式」。花が咲くような幸せ溢れる家庭という思いを込めて名前がつけられたと言われています。

意味を聞いて納得!な結婚記念日

節目の10年目を過ぎた11年目の結婚記念日は「鉄鋼婚式」と呼ばれているそう。一見ちょっと驚いてしまうネーミングですが、鉄鋼のように強い絆という意味が含まれていると言われています。そして14年目の結婚記念日は「象牙婚式」。これもちょっと変わった名前ですが、年輪のように歳月をかけて何層も重なって輝く象牙のように、長い期間を経てもなお輝きを増すという意味が含まれているそうです。

節目の結婚記念日

30年目を迎えた結婚記念日は「真珠婚式」。海の中でゆっくりと育ち、健康や長寿、富などを象徴すると言われる真珠は30年目にピッタリですね。40年目の結婚式は「ルビー婚式」、45年目の結婚式は「サファイヤ婚式」と呼ばれています。せっかくの記念日ですから、結婚記念日にちなんだ贈り物をおねだりしてもいいかもしれませんね。これ以外の結婚記念日にも名前があるので、調べてみると面白いですよ。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報