list
タイミングに注意!朝食べると“シミ”ができやすくなってしまうフルーツとは?

タイミングに注意!朝食べると“シミ”ができやすくなってしまうフルーツとは?

SNSでシェアしよう!

朝食にはフルーツ!という女性も多くいそうですが、実は朝食べてしまうとシミができやすくなることが指摘されているフルーツがあるのです。危険な“落とし穴”、朝は避けておきたいフルーツをご紹介したいと思います。

柑橘系が危険?!

実はオレンジやグレープフルーツなどの柑橘系は、肌が紫外線を浴びたときの感受性を高めてしまうので、外出前に食べるときは注意しておかなければなりません。なぜ柑橘系が危険かというと、原因はそれらのフルーツに含まれている「ソラレン」という物質なのです。ソラレンは光を受けることで活性化する物質で、紫外線の感受性を高めてしまいシミをつくってしまう可能性があるのです。

ソラレンは何に入っているの?

ソラレンは柑橘系のフルーツに特に多く含まれていて、レモン、オレンジなどの他、イチジクなどにも含まれています。またパセリやクロレラなどにも含まれていると言われているのでちょっと注意が必要ですね。レモンパックは特に海外で人気がありますが、実はかなり危険なことだったのです。ちなみにキュウリにもソラレンが含まれているので、キュウリパックも注意が必要ですね。

野菜を代替品に

柑橘系のフルーツは朝ではなく日が落ちてから食べるのがおすすめですが、やっぱり朝にビタミンCを摂りたい!という人もいるかもしれません。そんなときはソラレンが比較的少ないレタス、トマト、カボチャといった野菜からビタミンCを摂るのがおすすめです。ただし柑橘系を控えたからといって紫外線対策不要というわけではありませんから、ちょっとの工夫と万全の紫外線対策でシミを回避してみてくださいね。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報