list
フォトフェイシャルがエステでは受けられない理由とは

フォトフェイシャルがエステでは受けられない理由とは

SNSでシェアしよう!

シミやたるみなどのお肌につきものの悩みに効くフォトフェイシャルという治療があります。ですが、このフォトフェイシャルは医療機関でのみ受けることが可能な治療。今回はどんな治療方法なのか、どうしてエステなどで受けられないのかなどをご紹介です。

どうしてエステサロンでは受けることができないの?

そもそもフォトフェイシャルというのはルミナス社という医療機器メーカーが作っているフラッシュ機器を使った治療になるんです。医療行為となるので、医療機関のみが施術することができる治療ということ。

フラッシュ機器を用いた施術自体はエステサロンなどでもやっていますが、医療機関で使っているフラッシュ機器ではないので、比較すると効果は多少落ちることになります。その分、お安くしているエステサロンもあったりするそうです。

短い光の波長の効果は?

フォトフェイシャルはいくつかの光の波長を使って治療していきます。光の波長の長さによって効果が変わります。まず短い光の波長はシミなど肌の表面に作用します。500nmという短い波長だとシミの原因である黒色メラニンにもっとも反応するとのこと。

これが600nmになると黒メラニンへの作用は少し落ちますが、肌の赤みに効果がでてくることになります。650nmという長さの波長は肌の奥にあるシミに効果があります。

長い光の波長の効果は?

先ほどの650nmよりもぐっと長くなって1000nmになると皮膚のずっと奥にあるたるみやシワに効果がでてきます。

この皮膚の奥にフラッシュの熱が届くことで細胞の活動を活発化し、前よりもコラーゲンなどが多く作られるようになるので、たるみやシワが改善するようになるのです。

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JYOSSY(ジョシー)の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報