list
30代から始める!「美肌」を保つスキンケア方法とは

30代から始める!「美肌」を保つスキンケア方法とは

SNSでシェアしよう!

30代、お肌の曲がり角を通り過ぎて、いよいよシミやシワなど肌の衰えをひしひしと感じるようになってくる頃だと思います。20歳の頃は多少の偏食や睡眠不足でも平気だった肌なのに、今ではちょっとしたストレスもダイレクトに肌状態に現れることでしょう。そこで、今回は30代から始める美肌作りについてお話しします。

肌のお悩み別対策

肌のお悩み別対策

まずは、代表的な肌トラブルについて考えてみたいと思います。あなたが悩んでいるのはどんなことでしょうか?症状によって適切なケア方法も変わってくるので、まずは肌の悩みを確認しましょう。


・くすみ
肌のくすみはニキビやシミのようにしっかりとした症状として現れてこないものの、顔色が悪く見えたり老けて見えたりするかなり厄介な症状です。肌がくすんでいるときに肌を触ってみると、ゴワゴワとした感じで顔全体もツヤがないと思います。くすみ対策で重要なことは保湿だと言われます。肌が乾燥してくると、肌をくすませる余分な角質が増えてくるそう。ですから、くすみを改善したいのであれば、保湿効果の高い基礎化粧品を選ぶことをおすすめします。

さらに美白成分も大切です。紫外線を浴びた肌はメラニンが作られて、それが肌をくすませてしまうので、メラニンの生成を抑制してくれる美白成分配合の化粧品を使ってみてください。 

・シミ
シミがあるだけで見た目年齢がグンと上がってしまいますよね。ホルモンバランスの乱れや炎症、紫外線などシミの原因はさまざまあり、シミの種類もさまざまです。
例えば紫外線を多く浴びたことによって出てきたシミであれば、美白成分が配合された基礎化粧品の使用に加え、UV対策が必要です。

また、ニキビなどの炎症の跡が残ってシミになっている人は美白対策とあわせて、今ある炎症を抑える治療が必要になります。そしてシミの中でも最も厄介とも言われる肝斑の場合は、メラニン生成を抑える美白化粧品がいいと言われていますが、なかなか改善しにくいので皮膚科に相談してもいいでしょう。内服薬で改善が期待できる場合もあるので、ひどくなる前にぜひ専門機関を利用してくださいね。 

・シワ・たるみ
シワやたるみも老けた印象にしてしまう要因ですよね。シワやたるみも乾燥が原因となっているので、保湿力の高い基礎化粧品を利用しましょう。ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどが保湿成分として有名です。 

また、紫外線もシワを増やす原因となるので、紫外線対策もお忘れなく。シワやたるみはなかなかセルフケアで改善しにくいので、どうしてもという場合は美容皮膚科などで相談するのも良いでしょう。いずれの悩みも食生活が大切になってくるので、ビタミン類など肌に必要な栄養素を普段からしっかりと摂取するように心がけてくださいね。 

基本のスキンケアを見直し

基本のスキンケアを見直し

あなたは正しいスキンケアができているでしょうか?ここからは、スキンケアの基本をおさらいします。もし間違っている人がいたら、今日からさっそくスキンケア方法を見直してみてください。


・しつこく化粧水を
クレンジングや洗顔のあと、ささっと化粧水をつけてしまう人は意外と多くいるようですが、それは絶対NGです。若いころのうるおいたっぷりの肌ならまだしも、水分量がだんだんと減少してくる30代なら、しっかりと化粧水を使ってください。バシャバシャと顔を濡らすイメージで、たっぷりの化粧水を肌に浴びせるように使ってください。高級な化粧水を少しだけ…より、多少安い化粧水でもたっぷりと使えるなら、そちらをおすすめします。

しつこいくらいに化粧水を顔につけたあとは、手の平でハンドプレスして肌内部まで化粧水を馴染ませましょう。さっぱり系の化粧水より、できればしっとりとした保湿力のある化粧水がおすすめです。

・更にクリームで保湿
よく化粧水のあとクリームや乳液でフタをすると言いますが、化粧水をつけただけでは水分がたちまち蒸発していってしまいます。ですから化粧水をたっぷりと使った後は、クリームもしくは乳液を薄く塗って水分の蒸発を防ぎましょう。
そうすることで化粧水が肌により浸透し、乾燥の予防も期待できます。
クリームや乳液も塗ったあとは、ハンドプレスをしてしっかりと肌に馴染ませましょう。

・日焼け対策もしっかり!
あとは寝るだけという場合ならいいのですが、そうでない場合は日焼け対策も大切です。化粧水や乳液だけのケアでは、肌は無防備な状態です。外出するときに日焼け止めをつけるからと考えている人もいるかもしれませんが、それはかなり危険です。
窓から差し込んでくる光にも紫外線は含まれていますから、できることならカーテンを開ける前に日焼け対策をしておきたいですね。日常生活のレベルならSPF20、PA+で十分なので、しっかりと日焼け止めを塗ってください。

最近では紫外線対策だけでなく保湿効果も高いBBクリームやCCクリームもあるので、そういった商品を活用してもいいですね。

トラブルを回避して、透明感のある肌に

トラブルを回避して、透明感のある肌に

30代からのスキンケアは、肌トラブルの要因をどれだけ排除できるかにかかっていると言っても過言ではありません。毎日正しいスキンケアをしていても、たった1日メイクを落とさないで眠っただけで、肌はダイレクトに反応しますから、とにかく続けることが大切です。

肌はとても正直なので、正しいケアを継続すれば少しずつ少しずつ透明感のある美肌に近づいてくれます。食事のバランスや睡眠不足などにも注意しながら、実年齢以下の肌年齢を目指しましょう!

関連キーワード

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カラダクリアーの最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Editor's pick

エステ・スクール総合ランキング

【PR】エステティシャンになるためのスクール情報